寒川町観光協会ブログ

samukawass.exblog.jp
ブログトップ

天台宗 窪田山景観寺 十夜会(御開帳) (2015.10.16)

小雨が降る中、本日、寒川町の景観寺で年に1度の御開帳(十夜会)がありました。
午後2時からは法要が、いとなまれました。
ありがたいお経の後、一人一人お焼香、そして参列者全員で、
ご住職に合わせ『般若心経』を唱えました。心がすっと洗われたようです。
d0239667_16153573.jpg


毎年10月16日の縁日のために、10日間お経を唱え続け、縁日の朝に御開帳されるとのことです。
ご住職にご了解をいただき、今日だけ特別に撮影のお許しをいただきました。
いつもは、金色の十一面観音菩薩様(御前様)が御扉の前にいらっしゃいますが、
今日は、向かって右側に移られ、ご本尊様を直接拝むことができます。
(毎年10月16日の朝9時から夕方5時まで、御開帳されています。)
d0239667_16214753.jpg


ご本尊の十一面観音菩薩立像は、町指定重要文化財です。
d0239667_1638074.jpg


ご住職のお話ですと、年に一度のこの朝、過ぎし一年のご加護に感謝の気持ちで
御扉を開けられるそうです。そして一日の最後、これからの一年への願いを込めて
閉じられるそうです。
昔は、秋の実りに感謝して、小さい子供から若者、お年寄りまで沢山の人たちが
集まっていたそうです。
「ご先祖様をお守りくださる仏様に感謝することは、大事なことです。」
のお言葉に、はっとしました。今の自分があるのは、ご先祖様のおかげです。
慌ただしく過ごす日々、少しも考えなかった自分を恥じるのみです。
帰りに、ご本尊様と繋がっている五色の紐をつかみ、お詫びと感謝を申し上げました。

都会の喧騒を離れ、寒川でゆっくりと伝統文化に触れるひと時、いかがでしょうか。
[PR]
by samukawa-ssas | 2015-10-16 17:26 | 観る | Comments(0)